子育てと人格形成

心理学では、基本的な人格や性格が形成されるのは、生まれて間もなくから3歳まで、あるいは長くて6歳程度までとされています。 幼少期の体験や経験は心の基礎になり、そこへ新たな経験が積み重ねられることによって少しずつ変化していきます。 そのため、親御さんの子供への「しつけ」や「叱る」といった行動は、子供の未来へとつながりますので、言動にはよく注意しなければなりません。

この他、子供がするイタズラは考え方1つで違ったように見えるものです。 子供は好奇心旺盛で知識欲が豊富なもので、イタズラは自分の力で実験して、その結果がどうなるのかを覚えるための大切な過程となります。 つまり、いたずらをして親がどのような反応を示すのかを試していると言い換えることができます。

そこで褒めれば「良いことをした」と考え、叱れば「これはしてはいけない」と覚えることにもつながりますので、褒めることも叱ることも、 子育てには非常に重要となります。 心は非常に曖昧なもので、大人でも制御することができない可能性もあります。 言葉を知らない子供はなおさら、自分が何に腹を立てているかすら分からないものですので、 そこは親が子供に合わせて叱りながら教えてあげていく必要があります。

「叱る」「しつけ」は難しい

詳しくみる…

子育てと人格形成

詳しくみる…