「叱る」「しつけ」は難しい

子育てにおいて大きなウェイトを占めているのが「叱る」「しつけ」です。 子供は世間一般的に見て悪い行いだったとしても、悪いとは考えずに無邪気に衝動だけで行動してしまうものです。 これをたしなめるのが親の行う「叱る」「しつけ」となります。

あまりに叱りすぎてしまっても、子供の性格に影響を及ぼすことになりますし、かといって何も言わなかったり、 しつけをしなかったりすれば、将来子供が育ったときに困ることになります。 子供は親からの愛を受けたくて、かまって欲しくて、いたずらをするもので、これをたしなめるときには力加減をしなければなりません。 叱り方や叱る際の力を加減してあげることこそが、親御さんの人間力を培うための糧になるのです。

叱る際にはどのように叱れば良いのか、分かってもらうためにはどのように説明すれば良いか、多くの親御さんが悩むことになるでしょう。 結論から言ってしまえば、叱り方は人によって最適な方法が異なるため、その人に合わせて叱っていくしかなく、明確な正解はありません。 大切なのは、相手の立場で物事を考えること、どう説明するか悩み抜くことです。 これは子供だけではなく大人が相手であったとしても同様ですので、自分の成長へとつながります。

「叱る」「しつけ」は難しい

詳しくみる…

子育てと人格形成

詳しくみる…